• 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報
  • 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • じんのうち耳鼻咽喉科
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報

トップページ > 診療案内 > 補聴器・耳鳴り外来(補聴器の調整・購入)

診療案内

みみ・はな・のどは「じんのうち」

「補聴器・耳鳴り外来」を
毎週木曜日の9:00〜18:00に完全予約制で
受診いただけます。お気軽にご相談ください。

「補聴器・耳鳴り外来」を毎週木曜日の9:00〜18:00に完全予約制で受診いただけます。お気軽にご相談ください。

補聴器外来

補聴器適合判定医と認定補聴器技能者で協力し、
安心して補聴器を試せる環境を提供します

当院では、「聴こえ」にお悩みの方を対象として、補聴器外来を実施しています。
診療時間は「毎週木曜日の9:00〜18:00」で、完全予約制とさせていただいております。
受付にてご予約を承っております。

まず、聴力検査の結果やお耳の状態の診断をさせていただき、治療を行うべきなのか、補聴器で補っていくべきなのかを診断させていただきます。ご本人および周囲の方が日常会話で不自由を感じており、治療では改善されない難聴があれば、ご希望により補聴器外来を受診していただきます。認定補聴器技能者(※1)と協力し補聴器の説明、補聴器の調整、貸出を行い日常生活の中で補聴器を試していただきます。最終的に、医師が補聴効果を確認し、ご自身が希望されれば業者より補聴器購入が可能です。

補聴器外来に見えられる皆さまが必ずしも補聴器に順応するとは限りませんので貸出にてしっかりと試聴をしていただき、主観的な評価と客観的な検査結果を交えながら、改善点や問題点をご相談していきます。

(※1)どんなに高価な補聴器でも、その人の聴力に合っていなかったり、適切に調整されていなければ本来の性能を発揮できません。補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、財団法人テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格、それが認定補聴器技能者です。

右記のチェック項目にいくつもあてはまる方は聴力が低下しているの可能性がありますので当院までご相談ください。

下記のチェック項目にいくつもあてはまる方は聴力が低下しているの可能性がありますので当院までご相談ください。

車が近づいている音に気づかない、相手の言ったことを推測で判断することが多い、テレビの音量が大きいと言われる、居酒屋だと会話が聴き取れない、騒音の多い職場に勤めていた、玄関のチャイムに気付かない、会話を聞き返すことが多い、話し声が大きいと言われる、電話だと聴き取りにくいなどお気軽にご相談ください。

補聴器の調整と器種選定

難聴は一人ひとり、聴こえの状態が全く異なります。補聴器は単に音を増幅させるのではなく、装用者の聴力に合わせて細かく音質やさまざまな機能を調整することで聴こえを補う管理医療機器です。この音質調整は、必ずしも初回の調整で完結するものではなく、実際に装用して生活することと並行して、少しずつ再調整することで最適な調整に近づけていきます。また、補聴器には、さまざまな種類があり、装用者によって適切な器種が異なります。多くの補聴器メーカーの中から、用途にあった補聴器を選ぶことが可能です。

じんのうち耳鼻咽喉科 院長イラスト

補聴器の種類をご紹介します

RIC(RITE)タイプ

RIC(RITE)タイプ

この種類の補聴器は、メーカーによって呼び方が複数存在しますが、「RIC(リック)タイプ」もしくは「RITE(ライト)タイプ」と呼ばれています。マイクやアンプなどが搭載された補聴器本体は耳の裏に位置し、そこから電線でつながったレシーバー(もしくはスピーカー)という音を出す装置を耳穴に挿入します。比較的新しいタイプの補聴器です。

長所…

  • 一般的にBTE 型より本体が小さく、本体とレシーバーを繋ぐ電線部分が細い為、目立ちにくい
  • 電線やレシーバーが細い為、肌に接触する面積や圧力が少なく、また本体も比較的軽い為、装用している感覚が物理的に少ない(=初めての方でも違和感が少ない)
  • 耳穴に入れる耳栓の種類が豊富で穴が空いたタイプや、小さなタイプを選択可能(密閉間や閉塞感、こもり感を軽減できる)
  • レシーバーの種類を変更することで、軽度~重度まで様々な聴力に対応できる
  • 需要が高く、サイズの制約も無い為、メーカーが新しいテクノロジーを開発した際、近年の傾向としては、まず最初にこの形状の補聴器で発売する場合が多い(=最新のテクノロジーを享受できる)
  • 充電式補聴器が存在する

短所…

  • 眼鏡をかけると不便さを感じる場合がある(眼鏡のテンプルと補聴器がカチャカチャぶつかるなど)
  • 電線が細く、本体も小さい為つまみにくく、装用が難しく感じる場合がある
  • (耳あなタイプと比較すると)マイクが耳穴部分に位置しない為、耳本来の集音効果( 耳介効果) が得られない。

耳かけ型(BTEタイプ)

耳かけ型(BTEタイプ)

比較的歴史の長い補聴器です。マイク・アンプ・コンピュータ・レシーバーといった機械類が全て一つのケースの中にまとまっており、耳の裏に位置します。レシーバーから出力した音がチューブの中を通って耳穴に挿入した耳栓部分までを空気伝達する仕組みです。

長所…

  • 耳穴型などと比較するとサイズの制約が無い為、ボタン類や通信系の機能が省かれていない場合が多い
  • 同様の理由で、大きな音を出す機械を搭載することができる為、重度難聴の方でも対応可能
  • RICタイプと比較すると、チューブが太く本体も大きい場合が多い為、つまみやすく装用しやすい
  • 耳穴型と比較すると、音が出る部分とマイクが離れている為、ハウリングが発生しにくい

短所…

  • 眼鏡をかけると不便を感じる場合がある(眼鏡と補聴器がぶつかるなど)
    (耳あなタイプと比較すると)マイクが耳穴部分に位置しない為、耳本来の集音効果(耳介効果)が得られない
  • レシーバーから鼓膜までの、チューブを空気伝達する際、音への影響が多少ある

耳あな型

耳あな型

他のタイプの補聴器と比較すると、最もシンプルな形状の補聴器で、耳穴に挿し込む本体の中に全ての機械がまとまっています。このタイプの補聴器は、一般的に、装用者の耳穴の形状に合わせてオーダーメイドされます。

長所…

  • 形状がオーダーメイドであり、シンプルなタイプの為、落下の心配が少ない(例えば補聴器をつけたままTシャツを着替えようとすると、他の種類の補聴器だと引っ掛かって落下しやすいが、耳あなタイプの場合、比較的引っ掛かりにくい)
  • 装用が耳穴にはめるだけの1ステップで単純
  • 耳穴部分にマイクが位置する為、耳本来の集音効果(耳介効果)が得られやすい
  • 極小タイプの耳あな補聴器の場合、周囲から見て、補聴器を装用していることに気付かれにくい

短所…

  • 大きさの制約がある
  • 大きなレシーバーやアンプ類を必要とする高度~重度難聴者の場合、本体サイズが大きくなる。また、場合によっては耳あな型補聴器では対応できない
  • 通信する為の機械が搭載できない場合が多い
  • 電池のサイズが補聴器サイズに応じるため、必然的に電池寿命が短くなる
  • 基本的に、耳穴を完全に塞ぐため、軽度難聴の場合など、閉塞感を感じやすい
  • レシーバーとマイクの距離が近い為、ハウリングが発生しやすい
  • 充電式補聴器はほとんど存在しない
  • メーカーが新しいテクノロジーを開発した際、まずはRICなどの形状で発売する場合が多く、耳あな型での発売は1~3年前後遅れる傾向にある(=最新のテクノロジーを享受できない場合がある)

ポケット型(箱型)

耳あな型

音楽プレーヤーのように、イヤホン部分と長いコードでつながった本体という形をした補聴器です。他の種類の補聴器と違い、本体をポケットに入れたり、首から提げたりといった取り扱いをします。

長所…

  • 器種によりますが、液晶画面がついていたり、ダイアルやボタンに大きな字が書いてあったりするため、目に見える状態で操作を行うことができる
  • 一般的に乾電池を使用する為、電池が長持ちする(通常数か月)
  • 入院中の方など、横になったままで会話するときだけ装用するといった運用もしやすい

短所…

  • 本体とイヤホン部分が分かれており、コードもあるため、家事や運動・仕事をする際邪魔になる
  • マイクが補聴器本体についているものが多く、ポケットの中に入れた際など衣擦れ音がうるさい
  • 需要が少ない為、大手の補聴器メーカーは開発・製造していない場合がほとんど
  • 一般的なデジタル補聴器のように、装用者に合わせた細かい音質調整ができないものが多い
  • メーカーが耳かけ型や耳あな型の補聴器を主力としている為、新たに技術開発をされることがほとんどなく、10年以上昔の技術で停滞している場合が多い

すでに補聴器をお持ちの方へ

院外にて補聴器を購入してみたものの、聴こえが改善しなかったり、不快に感じられたりなど、うまく活用できていない方に関しましても、補聴器相談を承ります。補聴器は、装用者の聴こえの状態に合わせて専用機器にて音質の調整を行うことで、装用者にとって必要な補聴を行う管理医療機器ですので、装用者に合った適切な音質調整が必要です。聴こえが改善しなかったり、不快に感じられたりする場合には、音質調整が装用者に合っていない可能性が高いです。すでに購入された補聴器であっても音質を再調整することで聴こえを改善できる可能性がありますので補聴器をご持参ください。

補聴器の適合を判定しています

当院の補聴器外来は、補聴器を購入する為の外来ではなく、聴こえに悩んでいる皆さまが補聴器を使用することで聴こえが改善し、幸せな生活を送ってもらうための外来です。補聴器適合判定医として、装用効果の各種検査を行いながら、患者さまの補聴器の適合を判定いたしますので、ご安心ください。ご自身に補聴器が必要なのかどうかがわからず、迷われている方も、お気軽にご相談いただければ幸いです。

耳鳴り外来

補聴器やサウンドジェネレーターを用いた
耳鳴り音響療法(TRT療法など)を行っております

どなたも「キーン」という耳鳴りのようなものを感じたことはあるのではないでしょうか。しかし、頻繁に耳鳴りにおそわれたり、常に鳴りやまないようであれば、イライラやうつ、不眠など、とても辛い思いをされていることと思います。
7〜8割の方で耳鳴りは治るとされております。

当院では、耳鳴りにお悩みの方を対象として、耳鳴り外来を実施しています。
診療時間毎週木曜日の9:00〜18:00で、完全予約制とさせていただいております。
受付にてご予約を承っております。

耳の病気
  • ●耳が痛い
  • ●耳だれが出る
  • ●聞こえが悪い
  • ●耳鳴りがする
  • ●耳がつまる など

●耳が痛い ●耳だれが出る ●聞こえが悪い ●耳鳴りがする ●耳がつまる など


鼻の病気
  • ●鼻が痛い
  • ●鼻がつまる
  • ●鼻水がとまらない
  • ●くしゃみが酷い
  • ●においがしない
  • ●鼻がくさい など

●鼻がつまる ●鼻水がとまらない ●くしゃみが酷い ●においがしない ●鼻がくさい など


喉の病気
  • ●のどが痛い
  • ●息がしにくい
  • ●しゃべりにくい
  • ●声がかれる
  • ●せき・痰が出る
  • ●飲み込めない・むせる など

●のどが痛い ●息がしにくい ●しゃべりにくい ●声がかれる ●せき・痰が出る ●飲み込めない・むせる など

日本人の4人に1人を悩ます国民病
つらいスギ花粉症の新しい治療法

ハウスダストの約8割はダニ
ダニアレルギー性鼻炎の新しい治療法

こどものみみ・はな・のど
スギ舌下免疫療法
ダニ舌下免疫療法
花粉症でお悩みの方
いびきでお悩みの方
補聴器の調整・購入
教えて!じん先生

当院案内

  • 初診の方

診療案内

  • 花粉症でお悩みの方へ
  • こどものみみ・はな・のど
  • 睡眠時無呼吸症候群 お悩みの方へ
  • 補聴器の調整・購入
  • 教えて!じん先生

    当院院長が皆さまのお悩み・疑問に丁寧にお答えします。悩むよりまずはご相談ください。

  • じんのうちBLOG

    地域の皆さまに少しでも安心して受診いただけるよう当院スタッフが定期的に情報を発信しています。

  • 採用情報

    やる気のある方をなにより優先します。やりがい、給与、人生を楽しみたいと思ってる方にはピッタリの職場ですよ。

ページ上部へページ上部へ