• 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報
  • 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • じんのうち耳鼻咽喉科・内科
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

地域に愛されるクリニックへ

当院の愉快なスタッフ達全員が交代で書いてます📝
ここを楽しみにしてる方もいらっしゃいまして実は結構人気です😊
 

当院の愉快なスタッフ達全員が交代で書いてます📝
ここを楽しみにしてる方もいらっしゃいまして実は結構人気です😊

お知らせ

今年も花粉症シーズンの到来です

こんにちは!
オミクロン株の急拡大により、まだまだ気が抜けない日々が続きますね。
当院でもドライブスルーでPCR検査、濃厚接触者の抗原・PCR検査の対応に追われています😵‍💫
検査結果の遅延により検査された方に早くお知らせできず、お待たせして申し訳ありません💦

そんなバタバタした日々ですが2月になり花粉症のシーズン到来となりました。🌲
当院でも無症状だけどお薬を早めに貰いに来た患者さん、すでに症状が出始めている患者さんが来院されています。

そこで調べてみたところ、2022年福岡の花粉飛散量は例年より多い見込みです。

特に九州圏内では佐賀県が非常に多いとされており、佐賀に近い福岡県糸島市や那珂川市などは福岡市内に比べ多く花粉が飛ぶ可能性が大きいとのことです。

≪2022年福岡の花粉≫
スギ花粉は2月上旬から飛散、ピークは2月下旬~3月上旬
ヒノキ花粉は3月下旬から飛散、ピークは3月下旬から4月上旬

実際には2月の気温の影響を受けるので暖かくなり始めたら注意が必要です。飛散開始日前でも少量の花粉が飛んでる日があるので敏感な人は反応して症状が現れます🤧
花粉症と新型コロナウイルス感染症は鼻水や咳などの症状が似ているので症状が現れた場合は早めに受診をお願いします。

2022年のスギ花粉は例年より多い飛散量とされているので早期にアレルギー薬、点鼻・点眼薬を使用すれば症状を効果的に抑え込むことができます。

これを初期療法といいます。
花粉が本格的に飛散する前からお薬の服用を開始し、鼻の粘膜が過敏になるのを抑え症状をコントロールしやすくなる治療法です。基本的には1月中旬から2月初旬の間に初期療法を開始すると良いです。
また、花粉症治療による鼻水やくしゃみの予防は新型コロナウイルス感染症の飛沫対策としても重要なので早めの治療を心掛けましょう。
当院ではアレルギー検査、舌下免疫療法、レーザー治療、昨年から始めた新しい花粉症の治療薬「ゾレア」などアレルギー性鼻炎や花粉症に対して治療を行っていますので、気になる方はスタッフにお尋ねください😄

さて、我が家の話となりますが今年はソフトバンクホークスの宮崎春季キャンプに行きたかったのですが
オミクロン株がなかなかピークアウトせず、今年も行くのを見送りました。来年は行けるといいなと思います。
昨年末、久々に大宰府のMKレストランに外食に行きました。
たらふく食べて満足でした。ちなみに私が好きな具はチーズ入り鶏つくねです。
子どももお肉お野菜大好きであごだしや豆乳で柔らかく煮たお野菜をパクパク食べていました。家では白ご飯の進みが遅いのですがMKでは大人用の茶碗でぺろりとたいらげ、おかわりもします(笑)家でも同じくらい食べてほしいです😅

ブログトップへ

ページ上部へページ上部へ