• 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報
  • 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • じんのうち耳鼻咽喉科
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報

トップページ > 院長ブログ

院長ブログ

医療の当たり前を追求する

当院院長のブログです。
地域の皆さまへ、当院に関することはもちろん、
耳・鼻・喉に関する様々なお役立ち情報をお届けします。

当院院長のブログです。地域の皆さまへ当院に関することはもちろん、耳・鼻・喉に関する様々なお役立ち情報をお届けします。

睡眠時無呼吸症候群

いびき・無呼吸の治療器CPAPで使用するマスクのご紹介です!

当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS)の早期発見・治療に力を入れています。
前回・前々回では治療法をご紹介ししたのですが、今回はその中でも力をいれていますCPAP治療で使用するマスクのご紹介です!

 

CPAP治療で使用するマスクは大きく分けて、

① ネーザルタイプ:鼻のみを覆うマスク
② ピロータイプ:マスクを直接鼻孔へ装着するマスク
③ フルフェイスタイプ:鼻と口両方を覆うマスク

という3種類があります。
どのマスクも一長一短がありますのでそれぞれご紹介していきます。

 

①ネーザルタイプ

鼻マスクタイプは、シリコン製のクッションで鼻を覆うタイプのマスクで、最も一般的なマスクです。ヘッドギアを頭部にしっかりかぶることができますので、安定性には優れますが、マスクリーク(空気漏れ)を気にするあまりヘッドギアをきつく締めすぎると、鼻根部に跡が残ってしまったり、鼻の周囲に皮膚炎を起こしてしまう可能性があります。 

 

②ピロータイプ

シリコン製の鼻ピローを鼻腔に直接差し込むタイプのマスクです。顔への圧迫感が比較的少ないため、皮膚にマスク痕が残ることもなく、視界も開放的なのが特徴です。鼻マスクタイプのマスクと比較すると、若干寝返り時に外れやすいという欠点がありましたが、ヘッドギア部の改良が重ねられ、安定性の増したものも多くなってきています。鼻腔に直接差し込みますので、皮膚に跡が残ってしまうことはありませんが、患者様によってはと鼻腔粘膜に炎症を起こす場合がありますので注意が必要です。

 

③フルフェイスタイプ

鼻及び口まで覆うマスクです。
ひどい開口や、強い鼻閉等により鼻呼吸が困難な場合に選択しますが、閉塞感が髙く患者によっては眠りにくいと言われる方もいらっしゃいます。

 

また、ネーザルタイプに含まれますが、ドリームウェアというマスクもあります。

 

特徴としては、顔への圧迫感が比較的少ないく(メガネ等もかけれます)また、CPAPへの接続ホース部がご紹介した3タイプと違い頭頂部になるため寝返りが打ちやすいです。こちらも少しマスクがずれやすくリーク(漏れ)が多くなりがちなのが欠点です。

 

使用するマスクを紹介してきましたが、CPAP治療には体にあったマスクを使用するのが最重要になってきます。
当院では様々な種類のマスクを取り扱っており、患者様に応じて処方を行っています!

お使いのマスクでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご来院ください!

 

当院の睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状、検査、治療については、下記ボタンよりご覧いただけます。

 

ブログトップへ

ページ上部へページ上部へ