• 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報
  • 当院案内
  • 初診の方
  • 診療案内
  • じんのうち耳鼻咽喉科・内科
  • 設備案内
  • お知らせ
  • 採用情報

トップページ > 院長ブログ

院長ブログ

医療の当たり前を追求する

当院院長のブログです。
地域の皆さまへ、当院に関することはもちろん、
耳・鼻・喉に関する様々なお役立ち情報をお届けします。

当院院長のブログです。地域の皆さまへ当院に関することはもちろん、耳・鼻・喉に関する様々なお役立ち情報をお届けします。

花粉症

花粉症の新しい治療薬「ゾレア」のご紹介

2022年1月はコロナとの戦いで幕を開けアッという間に2月からのスギ花粉症シーズンが⽬前となって参りました。既に⾶散を感じているという⽅もおられ、我々⽿⿐咽喉科医も準備を進めている次第です。
『でもここ数年花粉⾶散量は少なかったし、今年も同じでしょ?』という意見に対して、2022 年の花粉⾶散量予想を確認しました。

①  ⾶散開始〜ピーク時期に関して
こちらは例年と変わらず、2⽉初旬頃の⾶散となりそうです。(1平⽅センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2⽇連続して観測した場合の最初の⽇) 早めに花粉症対策が必要な患者様におかれましてはそろそろ治療開始する必要がありそうです。また、ピークに関しては2⽉末から3⽉上旬頃と予想されており、こちらも例年並との事でした。スギ花粉に関しては約1ヶ⽉半程度、花粉症状が強く出る事が予想されます。

②  2022年の花粉⾶散量に関して
こちらに関しては昨年と⽐べ、また例年と⽐べても福岡県の⾶散量は若⼲多いという予想です。ここ数年の⾶散量が少なかったことで、昨年まで軽症で済んでた⽅も、今年に関しては⼗分な対策が必要になる可能性があります。コロナ禍の影響でマスクを装着し⽣活するため花粉症状が軽減できる可能性がありますが、花粉量が多くなれば、マスクだけでは防御困難かもしれません。くしゃみは咳の10倍飛沫を飛ばします。早めの通院で、今年の花粉症シーズンを乗り越えましょう❗️年はコロナ禍の蜜を避けるため、出来るだけ長期の処方をする所存です。

 

さて、昨シーズンも花粉症の新しい治療薬である注射薬に関して書きましたが、大変好評だったので再度ご紹介したいと思います。
『これまで色んな内服薬を服⽤してきたけどクシャミや⿐⽔、⿐詰まり、⽬の痒みが取りきれずに悩んでいる』花粉症治療において、治療を受けている⽅の2割程度で症状が残存している方がいらっしゃいます。せっかく服薬していても症状が残存している場合はこれまでの治療とは異なる、『抗IgE抗体製剤による⽪下注射治療』を受けられる可能性があります。これがすごく効きます😄

〜抗IgE抗体オマリズマブ(製品名ゾレア)のご紹介〜
この記事をお読みの⽅は花粉症でお悩みになっている⽅かと思いますので、ご理解いただけるかと思いますが、花粉症というのは仕事中でも注意散漫になったり、学業に集中できず成績が落ちる、夜眠れずに⽇中に傾眠傾向がでる、外での部活などでパフォーマンスがおちる、など実は日常生活に大きな影響を及ぼします。

そんな症状で毎年お困りの方にオススメできる薬剤、それがオマリズマブです。実際に昨年オマリズマブを使用した患者様から以下の様な⾔葉を頂いたのでご紹介いたします。

・花粉が⾶散していない季節と同じような⽣活を過ごす事が出来ました。
・今シーズンほぼ症状が出ず、花粉症である事を忘れてしまう時もあった。たまに内服を忘れてしまう事もあった。
・眼が⼀切痒くなく驚きました。
・レーザーより効いた。

実感としてもこれまでの花粉症治療の選択肢の中で最強と思います。少し高いですが。
ただ、使うにあたっては条件があり、その条件が満たせないと症状があっても使えません、以下がその条件です。

①  12歳以上
②  抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬による治療で効果不十分
③  採血でスギIgE値、総IgE値の確認(以前に血液検査をされたことがある方であっても血液検査が必要
となります。スギ特異的IgE値がクラス3以上、総IgE 値が30~1500IU/mLであることが絶対条件です。これで投与量と投与間隔が決まります。

3割負担で9,000円から18,000円くらいの方が多いです。⾎液検査で薬価が決まるので、ご希望の⽅は早めの⾎液検査をおすすめします。(昨年ゾレアを使用された方は採血不要です。)

また那珂川市・春日市・⼤野城市・福岡市の中学⽣のお⼦様は、⼦ども医療が使えます(※那珂川市・大野城市の中学生は投薬本数に関わらず、一律ひと月の負担額が1,200円までとなっており、ゾレア投与もその条件で投与可能となります。)

またお勤めの会社によっては付加給付を活⽤できるケースも結構ありますのでご所属の保険組合に問い合わせしてみてください。
検討してみたいという⽅は当院スタッフまでご相談下さい。

 

じんのうち⽿⿐咽喉科は那珂川市と春⽇市の間に位置しており、春⽇市・⼤野城市・福岡市南区・早良区・博多区・太宰府市の皆さまにもご来院いただいています。駐⾞場も23 台あり来院しやすいクリニックです。いつでもご相談ください。😌

花粉症については、下記ボタンよりご覧いただけます。

ブログトップへ

ページ上部へページ上部へ